QPFタイトル
【複数のパソコンを連結して運用する】
お店には、ポイント処理用、事務所では顧客管理用に2台のパソコンを連結して
運用した場合があるかと思います。
QUickPointFでは、Windowsのネットワーク接続(有線LAN)を確立すれば
複数のパソコンを連結して運用する事が出来ます。
1台をサーバー機とし、他のパソコンはネットワーク上でサーバー機のデータで運用する形になります。
(5台以上連結すると処理スピードが遅くなる可能性があります。)

【設定方法】
①運用するパソコン全てにQuickPointFをインストールします。
②Windows上でネットワークを確立します。
③C→ProgramFiles→QuickPoint内にあるDataフォルダーを共有します。
(※ProgramFiles内では、共有できない場合DataフォルダーをCの直下あたりに置いてください。)
④QuickPointFを起動させ『各種設定』→『システム設定』内にあるデータパスを入力します。


システム設定画面

※全てのQuickPointFに同じ表記のデータパスを入力してください。


《作動しない場合の確認》
①Windowsのネットワークがしっかり確立しているか?
②ファイヤーウォールがブロックしていないか?
③ウィルスセキュリティーソフトがブロックしていないか?
④データパスの表記は合っているか?

※Windowsネットワーク上でそれぞれファイルの読み書きができるかを確認してください。
qpf
取り説
サポート
動画
お問合せ