QPFタイトル
【1次元バーコードについて】
QuickPointFは、1次元バーコードで顧客データを管理できます。
1次元バーコードリーダーを購入する場合、キーボード入力タイプでなければなりませんが
『それって、どういう事?』と思われる方も多いのではないでしょうか。
ようするにバーコードをキーボードで入力したように表示できるリーダーという事です!
(動画を用意してみました!)

【1次元バーコードリーダーでバーコードを読み込んでみる!】


・・と、こんな感じで使えるバーコードリーダーという事です。
ネットで『1次元バーコードリーダー』と検索すればいっぱいでてきます。
殆どの場合、キーボード入力Typなので問題ありませんが
たまに、そうでないモノもあるのでご注意を!

1次元バーコードリーダー

バーコードのスキャン方式はCCDカメラのものとレーザータイプがあり
CCDスキャンの方が安価で購入できます。
最近では2000円代で手に入れられるようです。
レーザースキャンタイプの方が、高価ですがバーコードの読み取りは
CCDスキャンに比べるとかなりスムーズです。
CCDスキャンしか使ったことが無ければ『え!サクサク読めるじゃん!』
と、感じるほど違いがあります。


【1次元バーコードはどうやって作るの?】
QuickPointFで使用するバーコードは、ただの会員NOなのです。
会員NOを入力すると顧客データを呼び出す仕組みなので
会員NOのバーコードを作ればOK!
会員NO102番のメンバーズカードに『00000102』(8桁)と表示するバーコードがあれば
会員NO102番の顧客データを呼び出す事ができます!

QuickPointFからも1次元バーコードを印刷できますので(詳細はコチラ)
購入した1次元バーコードで読み込んで試してみるといいでしょう。
至って簡単な仕組みで管理できます!

qpf
取り説
サポート
動画
お問合せ